デザイン哲学

Peppermint デザイン哲学。

『minimumMAXIMUS』の理念は5つの柱に基づいています。ドイツのインダストリアルデザイナーのディーター・ラムスから引用すると、製品は機能的、美的、革新的で持続可能であるべきである。私たちはこれに同意します。しかし、重要な要素が一つ欠けていると感じています。この方程式にEMOTION(感情)を加えることによって製品を人間的なものにし、そこに MAXIMUS を見つけることができると考えています。

 

機能性

製品は、機能的でユーザーにとって使いやすいものである必要があります。簡単かつ直感的に使用できるものであること。

 

美学

美意識は、これまで培ってきたライフスタイルのカギを握ります。私達がともに生活しているモノたちは、私達の個性をあらわす大切な一部です。美しく創られた製品は、お客様に誇りと幸せを与えてくれると信じています。

 

革新的

イノベーションがなければ、開発はなく、将来も見えず、見通しもなく、世界は落ち込んでいくでしょう。これがイノベーションを起こしていくことが最優先である理由です。たとえそれが小さなことでも、時間がかかっても、それなしでは我々の運命は尽きるでしょう。

 

持続可能性

持続可能な製品は、シンプルで長持ちする必要があります。持続可能なビジネスは、パートナーや自然に敬意を払う必要があります。これこそが、私たちが未来のために何かを築き上げる唯一の方法です。

 

感情

感情は最高の知性であり、私たちが理由を理解できなくても、正しいことが証明される事が多いのが知性であると考えています。私たちは自分の直感を信じ、感情に導かれるままに行動したい。

PEPPERMINT PRODUCTS ペパーミントプロダクツの商品一覧ページ